冰呂のまったりブログ

ビジネスからプログラミング・デザイン等 日々興味を持った内容を配信しています

【書道】「 新春展 現代の書」を見に行ってきました

こんにちは。Highroです。
先日、銀座のセントラルミュージアムで行われている「現代の書 新春展」をみにいってきました。書道というと、文字を上手く書くために小さい頃習っていた方も多いと思います。しかし、今回見に行ってみて感じたことは、「書」を書くのではなく「書」をデザインする。ということがとても魅力的に感じました。

f:id:hirouf:20150111132737j:plain

作品紹介

今回はその中でも私が特に気に入った作品を紹介したいと思います。

「玉響 2015-1」
f:id:hirouf:20150111141756j:plain

八重柏冬雷 作
「玉」と「響」がデザインされたとてもおしゃれな作品だと思いました。

「鼎新」
f:id:hirouf:20150111143041j:plain

後藤大峰 作
版画っぽい感じで「美」と「書」が合わさった作品に思えました。

「天気輪の柱(銀河鉄道の夜より)」
f:id:hirouf:20150111144317j:plain

宮澤賢治
これは圧巻でした、柱の中に文字がぎっしりと埋め込まれており、つい見入ってしまいました。

まとめ

3作品ほどご紹介させていただきましたが、これら以外にもとても目を惹かれる作品がたくさんあり、書をデザインすることに興味を持たされる展示会でした。

ぜひ、皆さんも機会があるときに見に行ってみてはどうでしょうか。